世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

長崎くんち 龍踊 もってこ~い、もってこい!

九州・沖縄

長崎くんち 龍踊 もってこ~い、もってこい!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

長崎くんち うんちく

長崎くんち

「長崎くんち」は、長崎市にある諏訪(すわ)神社の秋の大祭です。

奉納踊りは、7年に1度各町に回ってくるんです。

阿蘭陀万才、阿蘭陀万華鏡、阿蘭陀船、唐人船、御朱印船、御座船、南蛮船、宝船、恵比須船、竜宮船、コッコデショ、鯨の潮吹き、曳段尻などがあります。

各町が「傘鉾」を奉納します。

龍踊を奉納する籠町の場合、飾りは龍踊の龍囃子の楽器です。

写真にもよく映る場所、最高の見学場所である、諏訪神社の踊馬場の長坂(石段)は、無料なんです。

だいぶ前から席を確保しなければならないですけどね。

「庭先回り」の追っかけはおススメ。

くんちの出し物を家々を回って見せる、というもので、市内の中心部にいれば3日間ですべてを観れますよ。 

大きな掛け声をかけてください。

傘鉾には、よいや~、ふと~まわれ~

船や龍踊、鯱太鼓には、もってこ~い、もってこい!

本踊りには、しょも~や~れ~! 

こんな具合ですよ。

長崎くんちのお話

長崎くんち

「長崎くんち」は長崎の氏神様である長崎諏訪神社の秋の大祭で、毎年10月7日から9日までの3日間盛大に行われる長崎市を代表する祭りです。
奉納踊は昭和54年2月3日に国の重要無形民俗文化財に指定されました。
寛永11年(1634年)に始まり、 今年で382年になります。
始まった頃は御神輿の行列が主体で、7日の日、供奉をする町は手踊りなどでお祝いをして、その後、御神輿のお供をして御旅所へ往き、9日はお山へ還られる御神輿のお供をしました。
その為、供奉する町は現在「踊町」と呼ばれていますがその頃は「お供町」と呼ばれていました。

江戸も中期頃になると各町の奉納踊が次第に派手になり、傘鉾なども巨大化して現在見られるようなとても重いものに変化していきました。
奉納踊も中国風なもの、オランダ風なものなど異国情緒漂う演し物が増えて来ます。 現在、若宮稲荷で奉納されている「竹ん芸」などもくんちの奉納踊でした。

長崎は海外に開かれた唯一の港町でしたから、いろいろな珍しい品物が輸入されました。 羅紗(ラシャ)・天鵞絨(ビロード)・象牙(ゾウゲ)などが贅沢に使われ、7年に1度廻りのこともあり、古くなったものは使用せず必ず新しく作り直して奉納をしたとも言われています。

このように、華美になった奉納踊は、何度か質素にするようにと幕府のお達しがあったにも関わらず豪華さは変わらず、今に続いており、現在、各踊町は、1つの町で2千万〜3千万の費用がかかるのです。

出典 http://kunchi-juku.com

長崎くんち2015 ダイジェスト

2016長崎くんち 上町・コッコデショ 

長崎くんち 諏訪町 龍踊

長崎くんち
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ